ダンロップスポーツは10日、バドミントンのシャトル製造に参入すると発表した。仏バボラVS社からブランドのライセンス供与を受けて製造する。デサントが総販売代理店であるウエア以外で、同社はバボラVS社の総販売代理店を務める。今回、ダンロップスポーツがシャトルの製造販売に乗り出すことで、バボラVSは日本でバドミントン用品をトータルで展開することになる。

 ダンロップスポーツが製造するシャトルは「Babolat 1」。日本バドミントン協会へ第1種検定球として申請する。9月30日から約半年間のテスト販売を実施し、バボラブランドの浸透を目指す。価格は税抜き4000円の予定。ガチョウ羽に3層コルクと、本格的な素材を採用した。(写真はダンロップスポーツの発表資料より)

 

f:id:gaku-tokyo:20150913214734j:plain