これがヨシヒコにとっての最後の党首討論になるだろうから、

背水の陣で臨んでくるであろうことは予想してた。

しかしまあいよいよ追い詰められた挙句、あそこまで派手に大立ち回りを

演じてみせるとは思わなんだ。もういろいろと吹っ切れた感があったな。

そんなヨシヒコを前にして、アベシは空回り、オザーさんは意気消沈、

ナツオはまあいつもの調子。議場を埋め尽くした議員達の狼狽ぶりが笑えた。

そうか、来月16日についに選挙か。僕の運命も大きく変わるんだろうな。

離合集散で雨後の筍状態の第3極はてんでバラバラだし、

まあまず間違いなく「古き良き」自公政権に戻るんだろうから。

年末年始にかけて真剣に死に場所探索しといた方が良さそうだ。